東京で霊園墓地を持つのは大変です

終の棲家となるのが霊園墓地は、人口が多い東京では不足しています。東京に住んでいても地方出身の人にとって、マイホームと同様にお墓の問題も深刻です。お寺の檀家であれば心配はないですけど、無宗教の人の多くは公営・民営の霊園を用意する必要があります。需要に対して供給が不足している状態ですから、購入するにも高額な費用が必要になりますし、お寺の檀家になる場合にも多額のお布施などの費用が求められるのが現実です。最近、注目されつつあるのが樹木葬と言われる形態の霊園墓地です。公園のように数多くの樹木が配置された場所に納骨しますから、墓石もないですけど形式に拘らない人に人気があるようです。墓石がない分、多くの納骨ができますしペットなども納骨できるようになっています。同じ広さの中に、数多くの人が利用できますから、費用が安いのも魅力です。

東京の一等地にある霊園は死後のおうち?

うちでは、日中にセールス電話というのがよくかかってくるのですが、その中でもよく聞くのが霊園です。高齢化社会などといわれているので、霊園の需要ももしかしたら増えているのかもしれませんね。ところが、残念ながらうちには既にお墓がありますから、毎回断ることになるんです。セールスの方には悪いのですが仕方ありません。ちなみにうちのお墓は、住んでいる土地とはまるで違う、東京の一等地にあるんです。父方の実家のお墓なのですが、嫁いできた母親はこのことにステータスを感じているらしく、いつも何かにつけては「うちの墓は東京の一等地に…」と言いだします。まあ、お墓と言えば、あの世での家のようなものですから、ある意味ではこだわりがある方がいいのかもしれません。こういった東京の一等地にある霊園は、うちの母だけでなく人気なのでしょうね。

東京都立の霊園にお墓を持つには?

お墓は人生の大きな買い物ですね。先祖代々のお墓がある人は幸運ですが、新しくお墓を購入したいと考えると土地の少ない東京ではなかなか困難です。また墓地にも民営と公営があり、東京にも都立霊園という施設が都内に8ヶ所ほどあります。都営でも郊外にできた比較的新しい所では土地も広く比較的求めやすい価格ですが、古くから都心にある古い霊園では新規の募集がなかったり、あっても抽選の倍率が高く、なかなか希望通りには難しいようです。利用申込みは年に1回と決まっていて申込み日や申込み概要は東京都が発行する広報や霊園のホームページに掲載されますが、募集期間は毎年2週間ほどと期間が短いので、この期間をのがさないように気をつけてください。また場所によっては申込みに資格が必要な事もあります。当てはまっているかどうか事前に確認してください。

数多くの墓所の中から気になる種類・地域の墓地情報だけをピックアップしてご紹介しております。 現代のお客様のニーズに合った東京の霊園・墓地情報をご紹介させていただきます。 当社は昭和63年の創業以来、石材工事をお任せいただいたお客様は5000世帯を超えております。 東京都内の墓地、霊園を地域、価格、景色、バリアフリーなどご希望にあった様々な条件で探すことができます。 東京の霊園探しは当サイトをご利用ください

Blog Home